あとむら歯科

072-685-1573

あとむら歯科

MENU

一般歯科

General dentistry

Web予約

MEDICALむし歯

むし歯の原因

むし歯

むし歯になってしまう原因、それはむし歯の原因となる菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで起こります。お食事後の歯磨きがしっかりとできていないと歯にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、むし歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

むし歯の原因

むし歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。
1.歯質
歯質は一人一人異なり、むし歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
2.細菌
キシリトールやフッ化物には、むし歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用したり、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去しましょう。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄があります。むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまうと歯髄炎となり、歯がひどく痛みだします。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症し腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

当院の神経保存治療

小さくて暗いお口の中で虫歯を取り残さないように、当院では拡大ルーペを使用し虫歯治療を行っています。患部を数倍に拡大してくれるので、肉眼では見えにくい細部まで確認でき、精密な治療を行うことができます。

神経の保存

歯の神経(歯髄)を取った後には、様々なトラブルが起こりやすくなります。 歯髄には血管や神経などが通っていて、痛みを感じ危険を知らせてくれるだけでなく、栄養補給や抵抗力を維持するといった役割があります。虫歯が大きく止むを得ず神経を取った歯は、これらの大切な機能が働かなくなり、次第にもろくなってしまいます。根管治療(神経を取る治療)の有無で歯の予後を調査した報告によると、根管治療を行ったことのある歯は、根管治療を行っていない歯と比較して、歯の喪失リスクが前歯で1.8倍、奥歯で7.4倍になることが報告されており(経過観察8年)、これは驚くべき数字です。歯の寿命という観点からすると、いかに歯髄の保存が重要かが分かります。

当院は、虫歯が重症であっても、まずは神経を残す努力をする事をお勧めしています。(熱いものでとても痛い、何もしていなくてもズキズキ痛むなどの自覚症状がすでにある場合は、炎症が強いため神経を取る処置を行った方がいいこともあります。)しかしまずは、すぐに歯の神経を取るのではなく、歯の神経を残す努力をする、これが歯を長持ちさせることに繋がっていくのです。

神経の保存

神経の近くまで進行した大きな虫歯は、刺激により神経が炎症を起こしやすいため、神経を保護する処置が必要になります。従来の方法では成功率がそれほど高くなく、神経を取る処置が必要になることも少なくありません。
そこで当院では、セラカルLCを使った新しい神経保存治療を導入しています。セラカルLCという光で固まるペーストを神経近くに塗ってフタをし、歯の石灰化を促して神経を保護します。セラカルLCを使うことにより、神経近くまで進行した大きな虫歯でも、従来の方法よりも高い確率で神経を残すことができるようになりました。

歯の保存

重度の虫歯になると、歯の頭の部分(歯冠)だけにとどまらず、歯ぐきの下まで広がってしまいます。歯ぐきの下まで虫歯が進んでしまうと、虫歯の部分を取り除いたら健康な部分が歯ぐきの中にほんの少ししか残りません。そのような場合、基本的には土台を立てることができず抜歯になってしまいます。無理矢理に土台を立ててもすぐに外れてしまったり、力がかかると歯の根が折れてしまったりします。
では、どのようにすればよいでしょうか?歯の根を引っ張り上げて、歯ぐきよりも上に出してこればよいのです。歯の健康な部分が歯ぐきよりも上に出てこれば土台を立てて歯を被せることができます。

エクストリュージョン

歯の根にフックを付け、両隣りの歯をワイヤーで橋渡しして、フックとワイヤーをゴムで結びます。そうして2~3ヶ月すると歯の根が歯ぐきの上に出てきます。このような治療法を矯正的挺出(エクストルージョン)と言い、抜くはずだった歯を残せる可能性が広がります。